部屋探しの豆知識と申し込みの基礎知識

女性

部屋は広い方が住みやすいため、千代田区で賃貸マンションを探す際は、間取り情報だけでなく床面積をチェックするのが豆知識です。1LDKや2LDKといった具合に間取りは一緒でも、床面積は異なる場合が多々見られます。また収納スペースをしっかり確認して物件を選ぶことも大切な基礎知識であり、このスペースの大小は部屋を広々使えるかどうかにも掛かっているのです。とくに荷物が多いご家庭は重視すべきポイントですから、内見の時にキチンと確認しておきましょう。そして良い部屋を見つけたら不動産会社に申し込みますが、その時は申込金や手付金を支払うのが一般的です。前者は契約前のお金なので賃貸契約が不成立の際は返却されますが、後者は契約後のお金のため、借り手の都合で賃貸契約を取り止めたらそのお金も放棄することになります。

新築物件とリノベーション物件の特色

貸し出されている賃貸マンションには数多くの種類があり、新築物件は千代田区でも大人気です。まだ誰も住んでおらず、部屋の空気も新築特有の香りに満ちており、気持ち良く住み始められるのが特徴になります。設備面も基本的に新型などが採用されていることが多く、ワンランク上の暮らしを望めるのです。そして、新築物件と並んで人気なのがリノベーション物件であり、こちらは新築ではないものの、築年数からは想像できない仕様や新しい設備などが整っています。リノベーション物件はその建物が持つ価値を新築時以上に高めた改修物件なので、建物自体は古くても部屋は新築物件に相当するグレードを誇っているのです。

賃貸にはこんな種類もある

誰がオーナーで、誰が管理しているかによっても賃貸マンションは種類が分かれるため、千代田区で部屋を選ぶ際も知っておくと便利です。自社物件はその不動産会社や代表者が、所有および管理する賃貸マンションであり、入居後の窓口も不動産会社になります。そして管理物件は、自社物件と同様に窓口業務は不動産会社が担当しますが、物件の大家は個人オーナーなどです。そのほか、オーナー物件と呼ばれるタイプは、入居希望者を集める業務だけを不動産会社が担当し、窓口業務は物件のオーナーが直接行います。そこで、もしも住み始めてからの対応が気になる場合は、管理体制がどうなっているのか不動産会社に確認しておきましょう。また、千代田区には分譲賃貸マンションという種別もあり、これは本来販売用に建築された分譲物件です。そのためマンションに導入されている設備や建築構造は、通常の賃貸物件より高級仕様になっています。住宅ローンや固定資産税を支払うことなく、遮音性に長けた永住用の物件に住めるのがこの賃貸の特色です。

広告募集中